Event is FINISHED

Tech Africa Vol.2 TICAD7サイドイベント「ケニアで起きているテクノロジーと教育の新たな革命」

Description

キャスタリア株式会社は2019年8月29日木曜19時より、アフリカにおけるITを使った教育に関するセミナーイベントTech Africaの第二回を開催します。今回の第二回はTICAD7のサイドイベントとして「ケニアで起きているテクノロジーと教育の新たな革命」と題して、ケニアから教育省でSTEM教育のカリキュラム策定や教員へ研修を行う機関の責任者、そしてアフリカ最大のオンライン大学であるアフリカン・バーチャルユニバーシティの学長が来日し、現在のケニアがICTやプログラミング教育にどのような取り組んでいるのか、そしてアフリカ33ヶ国をカバーする大学がテクノロジーをどのように寄り添ってきたのか、を語ってもらいます。イベントは日本語で行いますが、講演者によるスピーチなどは逐次翻訳します。
参加費は無料です。

【概要】
主催:キャスタリア株式会社
後援:アフリカ開発銀行

日時:2019年8月29日木曜 開場18:30 開演19:00(-21:00)
場所:BUKATSUDO HALL(http://bukatsu-do.jp)
住所:横浜市西区みなとみらい2丁目2番1号 ランドマークプラザ 地下1階
定員:60名
参加費:無料

*1 内容変更及び登壇者を追加しました(2019/8/15)

19:00-19:05 開始挨拶
山脇 智志/キャスタリア株式会社

19:05-19:10 キーノート:アフリカの教育を支えるAfDB(仮)
武居 桂子/アフリカ開発銀行 教育セクター・人間開発部 主席教育経済職員


セッション1:キャスタリアのアフリカでの活動

19:10-19:20 キャスタリア事業、およびアフリカでの活動
Esther Waliaula(エスター・ワリアウラ) /キャスタリア・ABEイニシアチブインターン

19:20-19:30 モバイルでつなぐタンザニアの助産師教育(仮)
新福 洋子/京都大学大学院 医学研究科 人間健康科学系専攻 家族看護学母性看護・助産学 准教授  

セッション2:ケニアにおける教育事情

19:30-19:45 プログラミング教育を必修化したケニアの新たなカリキュラム、その狙い
Dr. Joshua Kilundo(ジョシュア・キルンド)/KICD (国立ケニア教育カリキュラム開発研究機構、カリキュラムディレクター)<JICA中小企業・SDGsビジネス支援事業にて来日中>

19:45-20:00 アフリカでのSTEM教育の取り組み
Jacinta L. Akatsa, HSC(ジャシンタ L. アカツァ)/CEMASTEA, Director(国立数学科学技術工学教育研修センター、所長)<JICA中小企業・SDGsビジネス支援事業にて来日中>

セッション3:アフリカ高等教育におけるテクノロジー何を果たすのか

20:00-20:15 アフリカの高等教育の民主化、オンライン大学の果たす役割
Dr. Bakary Diallo(バカリー・ディアロ)/Afrcican Virtual University, Rector(アフリカン・バーチャル大学、学長)<JICA中小企業・SDGsビジネス支援事業にて来日中>

20:15-21:00 パネルディスカッション
モデレーター:山脇智志
パネラー:
・Dr. Bakary Diallo/AVU
・長沼恵一/教育開発コンサルタント
・川端康夫/キャスタリア株式会社取締役

プロフィール
山脇智志/キャスタリア(株)代表取締役

1970年鳥取県生まれ、國學院大学卒。英語通信教育会社勤務を経て、その後ニューヨークへ留学。 Radio Pacific Japan(Los Angeles,CA)に勤務しネットとFMラジオのメディアミックスによる番組を制作。その後U.S.Japan Business News Inc.(New York)のマーケティング/セールスディレクターを経て、2000年にBusium Inc.をNew Yorkに設立。 2005年4月より本社移転で東京に移り、ネットでの音声コンテンツ販売事業の担当役員を経て同年11月末同社退社。キャスタリア株式会社を設立し、同社代表取締役就任。

キャスタリア株式会社

新福 洋子/京都大学大学院 医学研究科 人間健康科学系専攻 家族看護学母性看護・助産学 准教授 
聖路加看護大学(当時)を卒業、助産師として勤務後にイリノイ大学シカゴ校大学院看護学研究科を修了(博士)。2011年世界保健機関東南アジア地域事務局インターン、2012年聖路加国際大学助教。2012年第一回「明日の象徴」看護・保健部門受賞、2014年、15年秋篠宮紀子妃殿下ご進講。2017年日本学術会議若手アカデミー23期特任連携会員、同24期副代表、国際分科会委員長。2018年日本学術会議科学者委員会男女共同参画分科会委員。世界で200名の若手科学者団体、Global Young Academyメンバー、同執行委員にも選出。2018年より京都大学医学研究科人間健康科学系専攻家族看護学講座准教授。


Dr. Joshua Kilundo(ジョシュア・キルンド)/KICD (国立ケニア教育カリキュラム開発研究機構、カリキュラムディレクター)
KICD(Kenya Institute of Curriculum Development)

Jacinta L. Akatsa, HSC(ジャシンタ L. アカツァ)/CEMASTEA, Director(国立数学科学技術工学教育研修センター、所長)

Dr. Bakary Diallo(バカリー・ディアロ)/Afrcican Virtual University, Rector(アフリカン・バーチャル大学、学長)

African Virtual University
https://avu.org/


Dr. Diallo has been working in the education sector since 1989 as an academic, a consultant, a project administrator, a researcher and a secondary school teacher. He joined the African Virtual University (AVU), an Intergovernmental Organization based in Nairobi Kenya, which specializes in Open Distance and eLearning, in August 2005. He held several senior positions within the organization before his appointment as the CEO/Rector in August 2007. His major achievement at AVU consists of leading the organization to become a respected player in the use of Information and Communication Technologies (ICT) in education in Africa.


長沼啓一/アイリンク(ケニア在住コンサルタント)

1968年群馬県生まれ。東京理科大学大学院・理学研究科修了、東京理科大学助手、1996年より青年海外協力隊員としてザンビアの中等学校で理科(高校化学)を教える。帰国後、JOCV事務局・国内協力員、外務省・経済協力局勤務を経て、2001年から2012年までJICA派遣長期専門家としてケニア国に派遣される。JICA理数科教育強化事業(SMASSE 1&2, SMASEプロジェクト)に従事し、同国の現職教員研修システムの構築を技術支援。2013年より株式会社アイリンク主任研究員に就任し、国際協力分野(教育セクター)のコンサルタントとしてケニア暮らしを継続。現在、日本の民間企業のアフリカ進出に関する調査事業や、JICA技術協力プロジェクトに従事しながら、アフリカの学校教育の質改善を目指す。

川端 康夫

北海道札幌市生まれ。東京大学理学部地学科地理学課程卒。電通に入社、大手広告主担当営業としてイベント等の運営をはじめとした業務の傍ら、国連本部での日本アピールなど社会貢献関連プロジェクトをリード。2011年6月より5年余り外部企業に出向、スタートアップ企業への投資や育成支援事業の立上げに参画し、出資先企業のCOOになるなどハンズオンに注力。2016年末に電通退職、株式会社アクティブビジョン設立、代表取締役就任。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#464468 2019-08-21 05:20:28
More updates
Thu Aug 29, 2019
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
BUKATSUDO HALL(ランドマークプラザ 地下1階)
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
横浜市西区みなとみらい2丁目2番1号 Japan
Organizer
キャスタリア株式会社
241 Followers